元酒豪アラサー妊活子のタイミングと基礎体温と情報収集のブログ

〜不妊症検査で問題あり!現在タイミング法で不妊治療、妊活中の元酒豪アラサー妊活子です!ポジティブモンスターですが、ちょこちょこ豆腐メンタルに〜

不妊治療の病院を変えるという妊活!姉の病院は展開が超遅い!

こんにちは♪妊活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪
f:id:reina0000:20170913230058j:plain
9月13日(水)の基礎体温は36.8℃でした。高温期6日目です。そして今日も川崎に行ってまいりました。私の姉、ともみと妊活談義をするためです。お互いまだ妊娠をしておらず、話が止まらなくなります。話をしていて思ったのは、姉が通院している不妊治療の病院は「展開が超遅い!」ということ。

私妊活子の不妊治療病院は、不妊症検査は始めて通院して1ヶ月で完了。タイミング法を合わせてスタートし、1度目のタイミングは排卵誘発剤を使わずに1回、排卵誘発剤を1日1錠→2錠→3錠とどんどん追加されている状態。タイミング法だけでもステップアップしている気分。

それに比べて姉の不妊治療病院はこれから不妊症検査するかどうかもわからないという状態なんです!私よりも1、2ヶ月程度早く不妊症検査を始めた姉なのに、約9ヶ月間でした事は子宮頸がんの検診のみ。

というのも、男性不妊が1番にわかった為に男性不妊専門の病院を紹介され、手術の予約がすぐには取れず、手術をしてから3ヶ月は手術の術後を診察するために今の今まで時間がかかったのだとか。(※男性不妊に関しては、手術が成功し「自然妊娠してもおかしくないレベル」までになったそうです。)

約9ヶ月間の間を男性不妊の治療に専念し、女性の不妊症検査に関しては「30代だから慌てることはない。男性不妊が完治してから様子見にしましょう」と先生に言われ、出来ることは子宮頸がんの検診しかないと言われた結果がこれです。

子宮頸がんの結果は問題なく、先生は「念のために1年以内にもう一度検診に来て下さいね」だけ。姉は不安になり「主人は自然妊娠してもおかしくないレベルになったそうなんですが、私は不妊症検査しなくていいんですかね?」と質問しました。

先生は「じゃぁ卵管検査をとりあえずしましょうか。生理が今回来たらまた予約を取って下さいね」と答える。卵管検査以外の不妊症検査はするのかどうかもわからず、こっちからアクションしないと話が進まないんだとか。

患者を安心するためなのかもしれませんが、私だったらイライラしてしまうかも。だって妊活、不妊治療は若いに越したことはないから。私は姉に「病院変えたら?展開超遅くない?」といい、姉は「そうよね。先生も毎回違って先生の方針も違うし、今回妊娠してなくて不妊症検査どうするかとか、タイミングどうするかとか進まなければかえようかな。」と。

不妊治療病院が違うだけでこんなにも治療方針、対応が違うなんて驚きです!私はせっかちなタイプなので、今の病院で良かったなと思います。不妊治療経験者の矢沢心さんも転院して妊娠したし「不妊治療の病院は自分に合った病院を選ぶことも重要で妊活の1種なのかも!」と思いました。

もしも今通院する不妊治療の病院に不満がある方は「先生に自分がどうしたいのかをはっきり伝える」もしくは「転院して自分に合った病院を探す」ことをおすすめします!何よりもストレスが一番ダメですから!

# おすすめの関連記事はこちら
lets-beautiful.hatenablog.com