酒豪アラサー妊活子の日々真剣に妊活ブログ

〜高プロラクチン血症と不妊症検査で診断された妊活子のタイミング法経過〜

妊活に苦労し、頑張ってるのは自分だけじゃない!

こんにちは♪ 妊活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪



6月5日(月)の基礎体温は36.5℃でした。高温期4日目です。暑い、最近暑い・・・のは気候のせいで妊娠したからではないのですが、妊娠による暑いだったらいいのになと願っています。そして、最近病院に2度程行った時の出来事です。

f:id:reina0000:20170605134124j:plain
私妊活子が通う病院は、受付に看護婦さんが3人程おり、受付を囲うように待合用の椅子が30席ほど配置されています。折りたたみのパイプ椅子も予備でおいています。そして、薬の受け渡しは、受付で看護婦さんから渡され、説明もしてくれます。

f:id:reina0000:20170605140129j:plain
受付で薬の説明をするので、何を処方されているのかが聞こえてしまうんです。もちろん、精算も受付ですから、料金も丸聞こえという。最初はちょっと嫌だったんですが、良い先生だし家も遠くないし、しょうが無いと思うしかないわけです。


そして、待合室にいると色々な声が聞こえてきます。

治療代に不安を問う患者A

患者A「次回は料金いくらかかりますか?(外人さんでカタコトでした)」
看護婦「先生の指示によるので、わかりません。」
患者A「だいたいいくらくらい?」
看護婦「う〜ん・・・多分10万円〜13万円だと思っておいて下さい。」
妊活子「まじか!高い!どんな治療しているんだろう(心の声)」

仕事に奮起する患者B

看護婦「これを飲んで、いついつに来てくれないと意味がないので、調節してください」
患者B「はい。」
妊活子「働いてたら、調節って本当に大変だよな(心の声)」

注射嫌いの患者C

看護婦「注射しないと流産のリスクが高まるので、注射は必須です。」
患者C「はい。」
妊活子「注射嫌いの人って、そうとう辛いだろうな(心の声)」

現金を持ち合わせなかった患者D

看護婦「今日は28630円です。」
患者D「すみません、ちょっと足りないのでおろしてきていいですか?」
妊活子「予定外に高い金額の時って焦りますよね(心の声)」

妊娠したがまだまだ治療が続く患者E

看護婦「妊娠したので、この薬は引き続き飲み続けて下さい。後は安静に」
患者E「はい。」
妊活子「羨ましい!ホントに妊娠できるんだ!妊娠したら終わりじゃないんだよな・・・とりあえず、おめでとうございます!(心の声)」

受精成功に喜ぶ患者F

看護婦「受精は出来たので、次も頑張りましょうね!」
患者F「はい!」
妊活子「体外受精か・・・辛いだろうな・・・でも受精出来たって!おめでとうございます!(心の声)」

f:id:reina0000:20170605140142j:plain
という具合になんでも聞こえて来てしまうんです。辛そうな事、高額な治療費が聞こえる事もありますが、良い状況が聞こえる事も多々あります。私は今は、タイミング法でこれからもタイミング法しかしない予定ですが、すでに人工授精や体外受精にトライしている方がたくさんいます。


不妊治療経験者として、私の今の経験はひよっ子レベルなのに、いつも「頑張ってるのは自分だけ」「妊活に苦労しているのは自分だけ」となぜだか落ち込んでしまいます。皆はもっと妊活に苦労し、頑張っているのに・・・待合室にいる方、妊活頑張っている方、勝手に戦友だと思ってます!よし!まだまだ時間かかるだろうけど、頑張るぞ!