読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒豪アラサー妊活子の日々真剣に妊活ブログ

〜高プロラクチン血症と不妊症検査で診断された妊活子のタイミング法経過〜

不妊治療で基礎体温が気にならなくなる

こんばんは♪ 活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪


はい、4月25日(火)の基礎体温は36.4℃でした。
低温期17日目。
明日はまた通院の日です。排卵はしそうなのかな?




そして最近思うのは、不妊治療を始めてから、基礎体温について神経質にならなくなったなと思います。




不妊治療を始めるまでは、低温期が少し長くなっただけで「もしかしたら稀発月経かもしれない」と落ち込み、高温期が短いと「もしかしたら黄体機能不全かもしれない」とまた落ち込む。




その繰り返しに加えて、生理が来て落ち込む。ちなみに、妊活中の生理が来る事への悲しみは「母親が子供を亡くした事への悲しみ」と同等の悲しみだそうです。




だいぶ、落ち込んでますね。過去の私。今も生理が来る日は悲しいと思うけど、涙はもう出きったようででなくなりました。




そんな私が最近は、基礎体温でドキドキしなくなったんです。




不妊症検査では、結果として高プロラクチン血症以外は問題がなく、生理周期が長いことや乱れることは問題ないと知ったからだと思います。




ネットで調べて自己判断しただけの情報と、検査をし先生に言われたこととではやっぱり全然違う。




基礎体温を測るのはやめてもいいんですが、妊娠した時の基礎体温はこんなんだってブログに書きたいので、辞めません。




やっぱり病院に行ってよかったな♪明日も病院、並ぶんだろうな。

f:id:reina0000:20170425194641j:plain