酒豪アラサー妊活子の日々真剣に妊活ブログ

〜高プロラクチン血症と不妊症検査で診断された妊活子のタイミング法経過〜

妊産婦死亡例は1年で約50人・・・妊娠したら無痛分娩にすべきか否か。

こんにちは♪ 活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪




はい、4月18日(火)の基礎体温は36.3℃でした。
低温期10日目。
昨日はスパークリングワインを1杯♪
妊娠すると生ハムが食べれなくなると聞き、最後の晩酌を。って毎度のこと最後の晩酌してますがね。

f:id:reina0000:20170418091459j:plain

そして昨日は驚きのニュースが!
無痛分娩が危険?かと思われるニュースです。

研究班は、2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あり、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死亡、12人は大量出血や羊水が血液中に入ることで起きる羊水塞栓(そくせん)症などだったという。
引用元:麻酔使った「無痛分娩」で13人死亡…厚労省、急変対応求める緊急提言 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

な!なんと!




このニュースを知る前の会話は、
私「妊娠したら、無痛分娩にしたいのですが・・・」
旦那「無痛って何?」
私「痛くなくなるやつ。人によっては効かないらしいけど」
旦那「活子さんがちょっと我慢したらいいだけやろ、とりあえず一人目は頑張って、無理なら二人目に無痛にしようか」
私「ちょっとって・・・(心の声)」




が、ニュースを夫婦で見て、
旦那「よし、やめよう」
私「うん。やめます」




こちらのニュースでは、無痛分娩で死亡率が高まるとはいえないとされているので、やめた方が良いという事でもないのですが、私はやめようと思います。




それにしても、年間約50人の妊産婦死亡例があるだなんて・・・本当に出産は命がけなのですね。
まぁまずは妊娠しないことにはw