読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒豪アラサー活子の日々真剣に妊活ブログ

〜妊活が辛くなった時に読むと元気が出る!自分を励ますブログへ〜

妊活2ヶ月NG?風疹予防接種は婚約前に!

こんにちは♪ 活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪




はい、4月5日(水)の基礎体温は36.6℃でした。
高温期13日目。
それでは今日は、
妊活前の予防接種についてです。




妊活の前に出来ること、
風疹の予防接種です。
風疹の抗体がある方は必要ありませんが、
抗体がない方は予防接種が必要です。

なぜ予防接種する必要があるのか?

妊娠中に風疹になってしまった場合、赤ちゃんに風疹ウイルスが感染する可能性があるからです。ママ自身はそれほど悪影響はなく、発熱する方もいれば、全く症状が出ない方もいるほど。しかし、赤ちゃんに風疹ウイルスが感染すると「先天性風疹症候群(CRS)」を引き起こします。

先天性風疹症候群(CRS)の症状は?


視覚障害白内障緑内障、網膜症など)
聴覚障害(難聴)
・先天性心疾患
・精神、身体などの発達遅れ
などが挙げられます。

2ヶ月は妊活NG

予防接種は妊娠中には出来ません。
予防接種によって感染することを防ぐためです。妊娠していない状態で予防接種を受け、その後2度生理が来てから、子作り開始となります。早く妊娠したい方は、入籍前でも予防接種を受けてしまいましょう。

抗体の有無をまず調べる方法もある

一度風疹になった事がある方は、すでに抗体がある可能性もあります。その場合は、抗体があるのかまず調べる事も可能です。抗体を調べるのは、血液検査ですので注射です。もし抗体があれば、すぐに妊活が出来ます。


が、抗体がない場合、2度注射する事になるので、注射嫌いな方には少し酷な事になります。抗体があるかどうかわからない場合、高齢で妊活を急がなければならないなどの理由がなければ、抗体検査をせずに予防接種をすることも可能です。

抗体の寿命はいつまで?

公式なデータはありません。が、ワクチンの製薬会社の発表では「おおよそ17年は有効である」とされています。すぐに妊娠しないからといって、また予防接種をする必要はないようですね。

まとめ

私活子は結婚式が終わり、子作りしようとなってから、予防接種をしました。予防接種を受けるまで、2ヶ月子作りが出来ないという事を知らなかったので、2ヶ月やきもきしました。そして、妊活後、すぐに妊娠しなかった事に落ち込み、あの2ヶ月でさえもタイムロスした気持ちに。
予防接種を受けて、とても良い事をしたなとは思いますが、妊娠を少しでも望むなら、早め早めの予防接種をオススメします!

f:id:reina0000:20170405121234j:plain